車査定の交渉時に敢えて高めの金額を伝える

車の査定を行ってもらう時には、こちらからは希望金額を言うべきではないというセオリーがあります。顧客が金額を言うのではなく、業者が金額を提示するのを待つべきというセオリーがあるのです。どういう事かというと、業者としては少しでも低い金額で買い取りたいと思っているケースが多々あります。

 

例えば業者がある車の状態を見て、この車の査定金額は30万円程度だと思ったとしましょう。その時にもしも顧客が、希望金額は20万円だと言ったとします。

 

このような状況の場合、業者としては間違いなく20万円で買い取りますと提示するでしょう。業者が判断した金額よりも低めなのですから、少なくとも黒字は見込めるからです。

 

顧客側としては、この時には20万円というべきではありません。敢えて業者の口から、30万円という数字が出るのを待つべきというセオリーがあります。その方が明らかにお得だからです。

 

このような考え方は、多くの車買取の業者はよく知っています。ですので顧客が希望金額を言わない事には、なかなか買取の交渉が前に進まない事があります。顧客に希望金額を言わせるために、色々と頑張る業者も多数見られます。

 

ではどうすれば良いかというと、敢えて顧客の方からちょっと高めな金額を言ってみるのが良いと思います。上記の例の場合では、顧客の方から40万円や50万円などと言ってみるのも一法なのです。もしかすると業者は、それで買い取ってくれるかもしれません。
ハリアー 買取

 

ですので車の査定の際に価格の交渉をする際には、希望金額よりも少し高めな金額を業者に言ってみるのが良いと思います。それで交渉が決裂になる可能性も有りますが、その時は別の業者に依頼すれば良いからです。

 

ダメ元で試しに言ってみるのも良いと、個人的には思います。


このページの先頭へ戻る