車のネット査定の入力項目数と精度

車査定の方法には、3種類あります。実店舗と出張とネットですね。

 

最近では、ネット査定に注目をしている方々も多いようです。その方法の場合は、確かに手間がかかりませんね。業者に車の画像データを送信すれば、大まかな買い取り金額を知ることができるのはメリットが大きいと思います。

 

そしてネット査定というシステムは、複数の買い取り業者で採用されていますね。基本的には所定のフォームに入力をして査定の依頼をする事になりますが、そのフォームは各社それぞれ異なっている一面があるのです。その1つは、入力項目の数ですね。

 

基本的に各業者の公式サイトに設置されているフォームの入力数は、かなり多めです。15ヶ所ほど入力しなければならない車買取の業者も、多数見られます。
数が多いとなると、それだけ多くの手間が発生するのは事実です。30箇所もあるとなると、所要時間は10分程度でしょうか。ですのでフォームに入力をする方からすれば、項目数は少ない方がやりやすい一面がありますね。

 

しかしネット査定の正確さというのは、項目数の多さでは判断できない一面があるのです。確かに入力項目数が少ない方が、査定を依頼する側からすれば楽ではあります。しかし項目数が多い業者の場合は、それだけ精度が高まる一面もあるのです。

 

インプレッサの買取、査定で満足のいく査定額を出すには

 

というのもネット査定で伝えられる金額というのは、実際の目視確認による査定額とは多少のズレが発生する場合があります。実際に目で見て確認すると、ネット査定での金額とは数十万円ほどズレる事もあります。入力項目数が多いところは、基本的にはそのズレが少ない傾向がありますね。
特にトラック買取の業者の場合は、その傾向が顕著です。あの車種の場合は、ネット査定でかなり正確な金額を算出できる事も多いですね。その代わり項目数はやや多めではあります。


このページの先頭へ戻る